母の庭。

母の庭は、母しか作れない楽園です。今は、トマトやピーマン、シシトウがなっています。日照時間が少ないこの2週間、トマトは大きくなるんだけど赤くなれなくて可愛そう。しかしトマトは、自力で赤くなれるので、頃合いみて収穫し、キッキンでゆっくり赤くなるのを待ちます。 今日は、ほんの少し雑草取り、紫蘇がはえています。ミントもザックリ収穫してきました。朝はハーブティーにしよう。

母の庭を私は母のようにキープは出来ない。私はどうしようかなと、母の庭に自分の構想が頭に浮かぶ。

夜は、家族で焼肉を食べに行った。母の話や父の今までの気持ちを聞いた。美味しかった。父がルナを見て未来があると言った。

タオさん、お留守番ばかりでごめんね。夜は絶対に一緒にいるからね。

広告

恵泉でい。

さて、今日は年長最期の恵泉のひ。毎年、縦割りクラス共同で作業し、大作を作ります。今年は、11匹の猫と〜というシリーズを、ホールいっぱいに創り上げました!

午後は病院へ行かせてもらい、母とゆっくり3時間も向き合えました。看護師さんがシャンプー🧴に来てくれて、母も気持ちいいでしょうに。私はドライヤーをかけてあげました。幾度も短いながらも目を開けて、時に口も動く事があり、私の元気を流し込んで、ルナの歌を聴かせたり、、、右麻痺側の動かしをしたら、痛かったみたく、母が声を出したり!あっという間に時間は過ぎました。

木曜の母。

昨日は病院に行けず、諦めて 御輿の製作に精を出し、家を整える。茅ヶ崎の家が整ってないと、心静かに母の看病ができないからだ。実家が気になるところだが、やる事リストの出来る範囲から片付けていく。

今日 午前中の母は、37.7でまあまあ。新しい病室は広く景色もいい。まぶたは閉じられているが、中で目は左右に動いてないから、、、寝てないかも⁈と話しかけや音聞かせをする。少し目を開けてみたら、両目が少し開いて、お母さん!と話してみた。泣きそうに眉間にシワを寄せ、私は 大丈夫!ゆっくり治していきましょう!皆んなついているから、お母さん、ゆっくり体を治していきましょうと話しかけた。母と通じ合えた気がした瞬間だった。それからも左手脚は活発に動き、ルナの歌や、庭の会話を聞かせ、反応しているようにみえた。

毛布から麻痺側の足が出ていて、冷たくなっていた。両手で2時間かけて温めていく。昨日は血液検査をしたようで、炎症の数値は正常値ではないが、7日より下がっている。白血球の数値が前回よりさらに引くなっていて、看護師に聞いたら、抗がん剤治療でもっと3とかまで下がるが、治療の過程だそうで、そこから上がっていくとか。

頑張って、お母さん。

12時に病院をでました。

幸せな37.3。

母は、依然として目も開けず、たまに開けてくれるんだけど、言葉はでない、右麻痺のまま。 昨日は熱があり38.7!はぁはぁ呼吸する母は、可哀想だった。今日は微熱37.3だが、母はスヤスヤ横になっている。本当に嬉しい。今日は検査も無く、明日も無さそうで、点滴で生きている母だけど、まだ生きていてくれてありがとう。

今朝の私は、母に音を聴かせまくり、集中して右手は肩に、左手で手を握り、母に私の気を通してみた。脳梗塞だけでも少し良くなって欲しい、ずっと良くなって欲しい。母の庭で浄化して帰ろう。

さあ、また1週間が始まります!

私には、やっぱり週明け月曜が1週間の始まり。私が部屋に着いたら、母はCTから帰ってきたところだった。今朝のは母は、熱が38.7ほどあり、辛そうだった。手も熱く、握っているには可哀想で、常に家や旅行の動画を流していたが、それどころじゃないよーと母が言っているよう。 看護師さんも、耳が聞こえているので、沢山話しかけて下さいと。私がいる10時から12時までの2時間、点滴と一緒に、胃薬、抗生剤、解熱剤が入れられた。

お母さん、頑張って、夕方にお父さんが来る予定だよ。

日曜の母。

日曜の午前中、母は薄っすら目を開けたと父と看護師さんも言っていた。期待胸に、母の付き添いを午後から6時間していたが、私の前では目を開けることはなかった。むしろ寝ているようだった。右麻痺の母は、起きている時は 左手足が活発に動く、寝ている時は動かないと 私達は推測している。

夫くんも クリニックの引越しが忙しかったようで、沖縄のお姉さんにルナ世話をさせてしまい すまない気持ちいっぱいだけど、どうしても母の側にいたかった。

帰りは、実家に寄って、母の庭が暗く見えなくなるまで見つめられた。この時間を過ごさせてくれてありがとう。

土曜の夜の母。

今日は夫くんの仕事が有り、昼は病院へ行けず、そんな時は、、、家事を整えて、御輿の製作をコツコツする。

昼過ぎに父から電話。主治医と脳波の先生から話があったようで。白血球の数値が普通に戻り、一旦抗がん剤の投与を止めるが、骨髄中の悪い白血球はいるので また白血球の数値が上がってくると。脳梗塞の破裂により、体の右麻痺と言語障害は残るが目は開くかもしれないと。もう1週間様子をみます。容態が安定したら転院もあると。 脳波の先生いわく、母は耳は聞こえ理解もしていると。水曜に余命宣告3日と言われて、3日目の今日、母はまだ生きている!嬉しい😆

昨晩の母との出来事を期待し、今日もギリギリ面会時間終了30分前に母の部屋に到着。弟と母に音を聞かせ 目を開けるように問いかける。大きなあくびをして 少し目が開いた!ルナの動画をみせて引き止めるも 直ぐに目が閉じてしまった。そして、左手足も動かなくなり、呼吸音だけがする。母は、寝てしまったようです。

今日は諦めて帰宅。 毎日の睡眠不足が重なり、私も早く寝て、明日の母の付き添いに備えようと思う。

前へ 過去の投稿