帝王切開 @ けいゆう病院 & 食事。

やっと貧血も落ち着き、偏頭痛も落ち着き、母らしくLuとの授乳生活ができている 今日この頃。
IMG_1970 IMG_1979

これは、すぐにリポートしておきたかったが、なんせ貧血と偏頭痛でパソコン画面を見るのが辛かったので、今頃。
テレビもだいぶ長い間みていない。
世の中はどうなっているのだろう?

2年前の子宮筋腫&チョコレート膿腫 摘出手術は、全身麻酔だったので、麻酔が切れてからが地獄だった。

今回の帝王切開、なんと下半身麻酔。
意識はあるし、目も見えるし、音も聞こえる。
そして腹は切られる!!!!
想像しただけでも ぞっとする感じ。

前日、夕飯を食べて禁食になる。水はOK。
当日、朝6時から水も禁飲。
朝、担当のM先生が病室に現れて、今日はお昼くらいかな〜〜〜と話す。
私の前に一人手術が入っているようで、その人の終わり次第。
私の担当医M先生は、火曜は一日手術が入っているようです。
緊張して全く昨晩寝れなくて、、、、、と話すと、まあ手術終わったら寝てくださいと言う。
よろしくお願いしますと夫と頭を下げる。

時間です!!と看護師さんが迎えにくる。
夫と病室からエレベーターまで看護師さんと歩く。夫はここでさようなら。
30分くらいで赤ちゃんに会えますよと言われ、夫はエレベーター前のロビーで一人待つ。
私は看護師さんと手術室へ向かい、オペ室で引き渡され、看護師さんは 終わる頃にまた迎えに来ますと言って、私はオペ台に横になる。
横向きになり、背中に麻酔の管を2本入れられて これがまた時間がかかった。
これだけでも30分はかかっている。
どうやら新人の麻酔科ドクターのようで、ベテランドクターに指導されながら私の背中に管を入れている。
その間も 担当医M先生、私の顔を覗き込み「深呼吸〜〜」と緊張させないように笑顔を見せてくれる。
このとろい麻酔の準備によって、ロビーで待つ夫はだいぶ心配したようです。

だんだん麻酔が効いてきた。
胸から下の痛みは無い。だけど感覚はある。引っ張られたり、揺らされたりするのは分かる、けど痛みは無い。
不思議な感じ。
両手の感覚は有り。両手を縛られる。暴れ防止?
首の当たりに、物干し竿のような棒が出て来て、そこにシートを被せ、私が胸から下を見れないように隠される。
けいゆう病院のオペ室は、とってもピカピカ。
で、大きな明るいライトが私の身体の上に移動され、オペ開始。
そのライトに私の身体が移っているのが見える!!!!!
ぎょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!めちゃくちゃホラーじゃない!?!?!?!
血だらけの自分の腹切りを見たら絶対嘔吐か気絶だよ〜〜と思い、目をつむる。
いろんな人が気持ち悪くないか?大丈夫か?呼吸はできてますか?と覗き込んで聞く。
マスクをしているが、ばっちりメークの看護師さん達。
私にはメーク禁止しときながら、看護師さんは有りなのか〜〜〜とくだらない事が気になる。
すると、ぐえ=ぐえ=という鳴き声。
M先生、ひょいっと顔を出して、おめでとうございます!!と私に言う。
で、綺麗にふかれた赤ちゃんを左手で少しさわらせてもらえる。
そのご、夫のところに連れて行かれるらしい。
帰って来た看護師さん、「旦那さん、とっても喜んでましたよ」と言っていた。
そのご、傷口をふさいで、レントゲンをとられ、ベットに移され部屋に戻る。
麻酔が効いているので、痛くはない。まだ。

夫は、、、、、
30分で赤ちゃんに会えると言われていたのに、新人麻酔科のドクターがとろかったので、1時間近くロビーで待たされ、
これが彼を不安にさせたようです。
きっと私に何かあったのかと考えちゃったのか、、、
赤ちゃんに会って、「妻は大丈夫ですか?」と看護師に聞いた時に、涙が出て、涙声になってしまったと、後で笑って話してくれた。

私は、妊娠から開放された喜びでいっぱいで、ベットにのって帰って来た。
その後の「貧血地獄」が待ち構えているとも知らず、、、、

でも手術自体は、面白い経験だった。

その後の痛みは、、、、
筋腫の手術後の方が痛く辛く回復が遅かった。
ので、帝王切開はあれっと思う程痛みは無く、術後は背中の痛み止めを注入しまくり(自分でボタンを押して注入できる)、
その後も速攻でロキソニンを処方してもらい、少しでも痛みと直面するのをさけるために利用出来る物は利用した。

もう一つの痛み、後陣痛。
これが厄介で、3日程痛かったけど、、、、子宮の大きさがおへそより指二本分くらい小さくなると、痛みもだいぶ治まり、咳をしても飛び上がる程痛みは無くなっていた。

今後、このブログが誰かの参考になれば幸いです。

 

 

けいゆう病院以外で、入院した事の無い私。
だけど、けいゆう病院の食事は美味しいらしいと友達から聞いたので、写真に収めておいた。
スペアリブやロブスターなどが夕食に並ぶので、食材的は豪華。
で、3食の食事に、15時のおやつも毎日でる。ホテルのようだ。
IMG_1669 IMG_1617 IMG_1648 IMG_1610 IMG_1665 IMG_1658 IMG_1692 IMG_1677 IMG_1601 IMG_1592 IMG_1556 IMG_1672 IMG_1564 IMG_1572 IMG_1555
そして、お祝い膳というのがあり、希望の夕飯を希望の人数で最上階のレストランにて食事ができる。
肉か魚のチョイス有り。
私は貧血で全く動けず、レストランに行くのは不可能なので病室に運んでもらった。
夫とよくここまで乗り切ったと二人でねぎらいながらの食事になった。
IMG_1619 IMG_1620 IMG_1622 IMG_1623 IMG_1624

広告

退院、貧血、偏頭痛。

17日にかろうじて退院できた。
IMG_1750

退院前の血液検査で、ヘモグロビンの数値が6→8まであがっていた。
嬉しい〜〜〜
で、このまま順調に回復すでしょう〜〜〜
入院中、半分がこの貧血で歩けず、部屋の外に出れず、授乳室にLuちゃんにおっぱいをあげにいけず、歯がゆい思いをしました。
妊娠の終わった私は、かなり前向き、だけどヘモグロビン6の私は 気持ちには勝てず、、、、、、
早くヘモグロビンよ生成されたし!!!!と思いながらの入院生活でした。
退院時には8まで上がっていたとのことだけど、これは女性で生理中に重度の貧血症状でふらつくくらいの数値だそうです。
で、健常者は13くらいあるらしい。

私は今後、「ヘモグロビン13の女」を目指して日々食事に健康に励みたいと思うのです。
IMG_1777
今の私の苦痛の種は、「偏頭痛」。

まったく厄介な頭痛です。なんてったって、ロキソニンじゃ治まらないのですから。
で、病室から漢方の達人、杉村先生に電話。
もう嘔吐寸前のこの頭痛に、目の回りの圧迫感、光も見れず、もちろんテレビもiPhoneさえも苦痛。
そして、100人の兵隊さんが足踏みをしているような心臓音の耳鳴り。
この耳鳴りは24時間営業で、眠っている時以外は常にある。
久しぶりのきっつい偏頭痛です。
去年の1月に漢方を始めてから無くなっていたこの偏頭痛。
すっかり治って 克服したと思ったら、こんなところで再発。

漢方先生に指導された漢方は、
キュウキチョウケツイン、チュウヤクコギク、フホウトウキ。
懐かしいメンバーです。
私が絶不調の時に飲んでいた漢方達。
もう一度、一から身体の作り直しですね。
ゆっくりLuちゃんとやっていきます。

もう子宮筋腫も不妊治療も妊娠も出産も終わり。
あとの私の人生は、子育てしながら体力を身体を創っていく事にメインをおく生活を送りますよ。
もう、子宮に無理はさせないよ。
IMG_1689

今、生後2週間のLuちゃんと「授乳&オムツ&ちょこっと睡眠」の育児生活に突入している。
誰もがこの3ヶ月が辛く大変だと言うけれど、あまりに私が克服しなければならない体調不良がありすぎて、
まだこの育児生活は楽しいと思える範囲。
まだこれから夜泣きとかよく分からないぐずりとかが待ち構えているが、今は楽しい。
睡眠は、子宮筋腫の術後、長く寝る体質でなくなった私、しかもLuちゃんが4時間おきの授乳で体重が増えているので
これまた病院の方「いいでしょう〜」と言われ、
長い時は3時間くらいは一緒に寝てしまう。
しかも、母がお乳がでるご飯メニューで3食食事を運んでくれるし、夫が洗濯と沐浴をしてくれる。
父はなぜか夫の食事を買って来てくれるし、弟はお風呂掃除をしてくれ私にノンカフェインの爽健美茶を毎日買って来てくれる。
かなり天国な生活だ。
だが、私も早く茅ヶ崎の生活に戻りたいので、体力が余っている程度の生活でもう少し過ごしていこうと思うのよ。

家族よ、ありがとう。
私はどうやって恩返しが出来るだろうか?

沐浴係の夫。
タオ&ラヴィも心配そうにつきあいます。
IMG_1707 IMG_1705
夫職場にて、私たちの出産にこんなに喜んでくれる人がいるなんて、嬉しいです。
IMG_1562
病室で娘Luちゃんを溺愛する夫。

IMG_1636 IMG_1635

帝王切開、術後、貧血。

帝王切開当日は禁食&点滴で一日が終わる。
術後一日目。
前日の帝王切開で大量に出血したらしく、ドクターからも貧血になるからと注意されていた。
で、やっぱり、大貧血になった。
通常数値12あるヘモグロビンが、妊娠中11くらいしかなく、ただでさえ貧血ぎみ妊婦だった私の数値は、術後6になっていた、、、

術後、先ずは歩行練習。
上半身を少しづつ起こしていく、よし、なかなかいけそう。
次は、足をベッドからおろしてみる、ぐら〜り、ぐらり。
顔は真っ白、唇は真っ青。
ここから貧血との闘いが始まった。

歩けないので、トイレに行けないし、LUにも会いに行けない。
妊娠中の私は、ネガティヴだった。
でも、黄体ホルモンに縛られてない今は、とってもポジティヴ。
この感情が、帝王切開後に感じた不思議な感覚なんだけど、
いわゆる、いつもの私。
妊娠前のポジティヴ友生に戻った。
すると、LUに会いに行けないのが悔しく、歩行練習というより、歩行訓練を始めた。

夫が一日私の専属リハビリ先生になる。
贅沢な事だ。
ちゃんと看護師が指導するのだが、夫の方がプロなので、私も夫を信じてリハビリに頑張った。

午前中は、一歩も歩けなず。
禁食から解放され、三分粥が昼食で出た。
そしてまた歩行訓練。
夫が辛抱強く指導。
なんと、4時くらいには10歩ほど点滴棒につかまりながらゆっくり歩けるようになった。

看護師さんが、鉄分は母乳にも影響すると言う。
担当医師からも話があり、今日明日は鉄剤点滴し、通常食から鉄剤➕胃薬で貧血対策する事になった。
鉄剤点滴、痛い。
鉄剤は粒子が大きいから 血管にはいる時痛いのよ。
でもそんな事も言ってられない。
LUのために頑張るわ!
私が頑張るために夫の支えには十分甘える事にする。
感謝。

20130411-030845.jpg

20130411-030901.jpg

20130411-030913.jpg

ヴィーナス誕生。

新しい家族。
私と夫の血が合わさった子。
優しさと笑顔で満ち溢れますように。

やっと終わりました、妊婦LIFE。
私にはあっていなかったのか、幸せにを常に感じる時間ではなかった。
悪阻も厳しく長く、圧迫された肺で息は苦しく、黄体ホルモンで味覚がおかしかった。
体重も思うように増えなかった。

夫と家族には、感謝。
私の世話をし、愚痴を聞いてくれた。
タオ&ラヴィは無垢の癒しをくれた。

今日一日は、禁食&点滴。

20130409-235828.jpg

20130409-235840.jpg

20130409-235853.jpg

夜の病室で、、、

明日の帝王切開に緊張して寝れない。
子宮筋腫の術前は たしか睡眠導入剤を飲んだけど、帝王切開はないのかな〜
あればいいのに。

日中に、麻酔科の先生の説明で、下半身麻酔で気持ち悪くなったり 呼吸が苦しくなったり 頭が痛くなったりすることもあると、マイナートラブルばかり言われ、いっそ全身麻酔にして欲しいと思うのです。

次に、薬剤師さんの説明で、
スイカ一個が入っているくらいに大きくなった子宮が 元の大きさに戻るために、生理痛のような痛さが続きますと言われ、またブルーになった。
しかし、ロキソニンを飲めると言われ、術後の禁食&点滴中も痛み止めの坐薬が使えますから、痛みが我慢できなかったら言って下さいと 、頼もしい事を言ってくれた。
是非是非、全力で痛みを取り除きたい。

消灯後、私の病室両サイドは どうやら産後ベイビー同室を希望したらしく
5分〜10分おきにベイビーが無く。
いつ母親は寝るんだろう?
私もこれからこの夜泣きに付き合うという生活が待っている、、、
さて、私は今 明日の帝王切開で緊張して寝れない。
だから、代わりにベイビーをあやしてあげようか?と壁ごしに思うのです。
通じない思いではあるが、夜泣きを母親1人でみるのは大変だと、壁のこちら側で擬似体験をしている。

妊婦になってから冷え性が無く、いつも暑い。
真冬でも足を出して寝ていたし、冷たい飲み物も美味しく、長い間冷え性の私には 少々戸惑う事もあり、いつも体が温かい事を苦痛になる事もあった。
出産が終わったら、また冷え性に戻るのかな〜?
ホルモンって不思議。
女性の身体を支配している。
42歳の黄体ホルモンが枯渇している私には、この差をハッキリと感じる。

明日はLUちゃんに御対面。
そう、名前はIZちゃんだったのに、急に変わった。
夫は明日の対面を楽しみにしている。
それだけでも明日を頑張る意味があるってもんだ!

20130409-000455.jpg

御守りPower。

かなり御守りPowerに頼ってます!

20130408-195247.jpg

20130408-195334.jpg

36w6d。明日から入院です。

子宮筋腫の開腹手術を2年前にしているので、出産は予定帝王切開です。
明日から入院です。

痛いのが怖い、けどなんとか頑張りきるしかない!

最後に母の庭を散歩する。

私がポンポン桜と命名している膝丈くらいの可愛い桜。
これは新居のどこかに植えようと企んでいるのだ。
IMG_1473 IMG_1472
色の素敵な水仙発見!
IMG_1480
紅葉の新芽も続々と。
IMG_1501
数日前まで枝しかなかったのに、あっという間に新緑の葉がつき、よ〜くみるとピンクの可愛い花がいっぱい咲いている木。
IMG_1514 IMG_1513
見事な椿。
IMG_1288 IMG_1290
ラベンダーもモリモリ咲いて、こちらは秋までず〜〜〜〜と楽しめます。
IMG_1286
紅葉が美しい木も、ぷちぷちと芽がつき始めました。
IMG_1499
今年の夏は楽しみな空豆。
IMG_1452
母のチューリップの花壇や、タンポポもぺんぺん草も、春を感じるのです。

IMG_1277 IMG_1294 IMG_1297 IMG_1270 IMG_1271

前へ 過去の投稿