まだ悪阻の私の毎日。13w6d。

いっこうに終わった感の無い悪阻。 未だ毎日のように嘔吐するし、食欲も無い。
が、周りの人がいうように何も焦る事はないのだから安静にしていればいいか〜〜〜と思うようにしている。
badの仕事も部下に任せっきりで、でも私がいなくても立派にやってくれると思えるので、身体が良しというまでbadの仕事は忘れよう。
後は〜新居への引っ越しが気になるところ。母が手伝うと言ってくれるから、お願いするつもり。
halloweenまでには元気なりたかったな〜〜〜ディスニーランドにも行きたかったし、代々木アースガーデンにも行きたかった。
まだ一人で外出は無理だしな〜〜〜

毎朝、母の庭を散策している。外の空気も感じたいし、太陽の光も浴びておきたい。 庭のあちらこちらにいるワイルドベリーの実を見回っている。とっても小さい実だけれど、凄く濃厚で美味しく甘い。これを鳥よりも先に見つける。


毎朝の楽しみ。

そして、数珠の木の数珠ビーズをチェック。まだ私が小さい頃、生まれ育った家の庭にこの草木があった。母がその実をつないでネックレスを作ってくれたり、お手玉を作ってくれたのを覚えている。そんな頃から手作りの楽しさを知っていたのかも。そして私も母と同じ事を自分の子供にしたいと思っている。
新居の庭に植えるつもりだ。

今時期、朝顔の種が取れる頃。これも新居の庭にまくさ〜〜〜

未だに食欲は無い。何も食べなくても飲まなくてもいいよと言ってくれたらどんなに楽だろう。なのに皆で 吐いても良いから何か食べないと駄目だよとか水分は摂らないとと言う。とっても苦しい。
旦那くんと車でどこかに行く時も、窓の外に普通に歩いている人がとっても羨ましい。
本当に美味しくご飯が食べれる日が来るのか?毎日のように母に聞く。 母もいつかね。と飽きずに同じ答えをする。

今の私の毎日。

広告

ちょっと新居。

昨日、夜になっちゃったんだけど 少しだけ新居を見学した。


9月からの悪阻の猛威で私の身体は自由が利かず、一度も新居をみていない。
嘔吐連発の日だったけれど、旦那が車で連れて行ってくれた。

私が一日を過ごすと思われるキッチンとリビング。

そして、タオ&ラヴィように家のあちこちにキャットウォークができていた。外に出してあげられないので、家の中で思いっきり走り回って欲しい。

新しい家に夢を膨らましていたら、その後すぐに嘔吐。その苦しさにすっかり新居の事はどこかに飛んでいった。
今の一番の願いは、悪阻が終わる事。

まだまだ悪阻。13w2d。

いっこうに終わる気配のない吐き気と胃のムカムカ。
13wも過ぎれば少しは落ち着くと思ったけど、未だに食欲は無く 体重も落ち続けている。
ついに45→44キロになってしまった。

先日の検診で、フルーツしか食べられず体重も落ち続けていますと言ったら、先生は 20wまでは体重は落ちますよと言う。
げ〜〜〜このままいったら私は何キロになるんだろう?
しかし 先生が大丈夫というなら大丈夫なのだろうか?

先週くらいから激しく偏頭痛。ほとんど起きている時間は頭を痛みがおそい、身動きが取れないくらい痛みだす時もある。
ん〜〜〜こんな時に浮かぶのは、やっぱり漢方の先生。連絡してみようかな〜〜〜〜

今のところ食べられる物は、
●フルーツ
●ポカリスエット
●食パン
●ヨーグルト
これ以外の物を食べると全部吐き上げる。

大好きだったチョコレートにアイスクリーム、飴などプリンにご飯、胃が駄目!!!というものをことごとく身体から外に出す。
さて、私の身体はどうしたいのか?
9月の時のように突然寝てしまったり、身体に誰かが乗っているような重さも辛さも今月13wに入ってだいぶ無くなった。
やっと前向きに考えられるようになってきたのか。頑張らないとと思うようになった。
拷問のような悪阻は、1週間も続けば妊婦をマイナス思考にさせるのは十分。

母の庭で、日に日に柚子が黄色くなり、今日は 彼岸桜も咲いていた。

母の庭で私が一番気に入っている木がある。まだまだ緑だけどほんのり黄色い葉っぱもでてきた。今日は、赤く染まり始めて葉を一枚発見。

どうか植物達よ、私の悪阻を癒してください。

 

12w1d。悪阻の様子見。

毎日起きたらチェックするのは、布団から起き上がって部屋のカーテンを開ける時に立ちくらみや目眩があるかどうか?
のっそりとゆっくりと動くけれど、脳貧血や目眩がある時はもう立っているのも無理。

なんと今日も昨日に引き続き一人で歩けるし、シャワーもあびれた。
まだ調理の匂いに敏感で、ニンニクを使った炒め物、ネギを切る匂いは嘔吐につながる。

一人で歩けるうちに、屋上散策しよう!と 屋上の入り口へ 階段をあがる。

母の温室になにやらたくさんのサボテン。フサフサのサボテンやハリハリのサボテン、どのサボテンも母に愛されて大きくなっているんだろうな〜〜〜

12w0d。 つわり対策。

今日で12wにはいりました。まだまだ悪阻で気持ち悪いけど、心の中は「ばんざ〜〜〜い!!」
12w~15wごろ胎盤が完成すると言われています。
脳から指令が出されている黄体ホルモンが、胎盤から出るようになれば、悪阻は終わるはず。

昨日も、一昨日も悪阻でダウン。だけど今日は少しだけ調子がいい。
これは、病院でも言われたんだけど 空腹だと悪阻のムカムカが出るから何か少し食べてみるといいよと。
アメリカでもクラッカーなどを食べるように指導されるとか。
実は、これの対策で効く日もあれば全く効かない日もある。
朝食に食パンとヨーグルトを食べる。1時間程テレビをみているとムカムカ→バナナを食べる。
またしばらくたってムカムカ→葡萄を食べる。
またしばらくしてムカムカ→ビスコを食べる。
またムカムカ→ビッツを食べる。
こんな風に食べてばかりのような日もあるけど、全く体重は増えず、、、、45キロ横ばい。

もう一つ、気になった事。
せんじつ、朝起きてカーテンを開けようとしたら くら〜〜〜〜と視界が真っ白になる。うえ〜〜立ってられない!!!
これは妊婦特有の鉄分不足の貧血ではなく、ただの脳貧血。
その日は一日起き上がるのがとっても重く苦しい。歩く事さえも辛い。横になっていればなんとか生きているという感じ。
+頭も痛い。ドクンドクンと血管の音に合わせて痛い。
すると、家族が今日は寒く気圧が低いからしょうがないよと言う。
体調が悪いと気圧の変化に敏感になり、低気圧が近づくと辛くなるらしい。
その日一日気圧が何ヘクトパスカルあったのか見ていなかったけど、次に身体が重くダウンしてしまったら気圧も観察してみようと思う。
低気圧や台風が近づくと悪阻が悪化するかどうかも要観察。

そして、私の悪阻中に食べられないもの。
チョコレートとアイスクリーム。
このどちらも食べた後、数時間で吐き戻す。

こんな辛い毎日だけど、先日江ノ島の花火大会があった。行ける訳も無く。だけど実家の屋上からとっても綺麗にみえた。
夜風に当たると身体に良くないと、母が屋上の温室に椅子を用意してくれた。弟が花火が見れるように温室の窓を開けてくれた。
弟が、姉ちゃんが元気になったら皆で新潟の温泉に行こうよと言う。
とっても嬉しいが、妊婦は温泉に入れるのか? そして、私も早く元気になりたいよ。とほほ。

私のこの悪阻記録が誰かのお役にたてますように。

脱水症状 実家に帰る。11週6日。

今月6日、悪阻で動けず 何も食べず飲まずが3日続いたら脱水症状になってしまい救急車で運ばれてしまった。
点滴ですぐに元気になったけれど、身体もだるいし気持ち悪し、めまいもすごく自分で買い物&料理ができない。
食べないので体重も減る、そしてよりいっそう体力落ちる。
主人がいない日中は一人でなんとかしなければならないのが不安で 実家に帰る事にした。


母がおかゆやフルーツをだしてくれる。とってもありがたい。
父は、辛そうだな〜〜と私の部屋をのぞいて、しばらくここにいなさいと言う。
下の弟は、隣の部屋だから何かあったらすぐに呼んでという。
真ん中の弟は、生きてる?と私に聞く。

筋腫の手術後は3ヶ月以上も実家にお世話になっていましたが、またお世話になろう。胎盤ができて悪阻が収まるまでここにいたい。

母の庭にやっぱり癒される。台所や冷蔵庫、人の臭いが悪阻のせいで嫌なのに、なぜか花の匂いは大丈夫。甘いハワイの香りがしたと思ったら、ジンジャーの花が咲いていた。

毎年、私がイベントのディスプレイに使うために摘んでしまう父の紫式部も 紫の可愛い実をたわわに付けていた。今年は、私が秋のアースガーデンに出展できないので、摘まれずに庭できれいです。

今年は、柚子が昨年よりもたわわに実り、冬の収穫時期になったらまた
もゆずジャムを作ろう。美味しいからすぐになくなっちゃうんだよね〜〜〜

ホオズキも芸術的なスケルトンになり庭でゆれている。少し遅い朝顔も素敵に咲いて、私の多肉植物も 世話をしてないのに立派になって。


こんなふうにサンクチュアリを散策してると、気持ち悪いのもすこし紛れる。

母子手帳&悪阻。

41にして初心者妊婦の私、分からない事だらけで先輩主婦に聞く事ばかり。
以前 悪阻のまだ始まらない時期にニコちゃんママと話す。母子手帳は病院でもらえる物だと思っていたら、実は市役所に行かなければならない事を知りました。

病院で、8週に母子手帳をもらいにいくように言われ、、、、、無理!!!!!
悪阻で辛くて、めまいもあってまっすぐ歩けないし、こんな状態で妊婦に市役所まで行かせるわけ????
えらく辛くて、ないにやらいろいろ説明してくれてる職員さんの話は全く頭に入らない。
頭の中は、「ウ〜〜〜〜〜げろりそう〜〜〜、どうしよう、どうしよう」。

そして、昨日のけいゆう病院で初めて妊婦として検診で、検診費補助券を忘れ看護師さんを困らせる。
「あ〜〜〜市役所の人がこれは忘れちゃいけないよ」と言っていたな〜〜〜と思い出した。
どうしてあんなに辛い体調で市役所に母子手帳をとりに行かなければならないのか、このシステムかえて欲しい。

母子手帳、もらえて良かったね!ダブル万歳!!!

 

前へ 過去の投稿