沖縄colour.

沖縄のクリスマスtreeは欄!

私の行くところ、いつもニヤがいてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海と雲。私は、悪天候の海も好き。迫力があるでしょ。

 

広告

沖縄美ら海水族館。

すっごいでっかいジンベイサメ。

フッフッフ、ちゅらうみ水族館の年間パスを作ってしまった。

何処の水族館も いつもわくわくする気分をくれる。海の中の世界に、なにか、踏み込んではならない圧倒される空気を感じる。だから覗いてみたいのかもしれない。

KING TACOS.

関東で食べるTacosに、美味しいと思った事はあまりないけど、やっぱり沖縄のTACOSは美味しい。

大学時代に、沖縄から来ていた友達がtacosを創ってくれたのが 私の人生の初tacos.

ご飯の上にレタス???!!!とびっくりしたもんです。

その後、結婚前に沖縄に行って義兄様に連れていってもらった お客が米軍ばかりの治安の悪い場所にあるTacos屋さん。あれも本当に美味しかった。人生2度目の美味しいtacos.

そして今回、甥っ子のすすめる「KING TACOS」!!!本当にうまいのよ〜〜〜

また行きたいな〜〜と既に恋いこがれています。

来月、また行っちゃおうかな〜〜〜

be at a funereal.

ニヤの遺体に泣いて泣いて泣いて、壊れる寸前だったのかも。

心配した旦那さん、仕事をどうしたのか すっ飛んで帰ってきました。

お寺に二人で出向き、母は先に着いて待っていました。

離れたくない。

お寺で、ニヤが炉に入り、シャッターが下りる瞬間はとっても辛かった。

1時間半後、ニヤは骨になって並んでいた。あれ?ニヤって 骨になっても可愛い!!!可愛い過ぎる!!!

27センチのしっぽは、綺麗に骨になっても並んでいたし、(喉)仏様も、綺麗に残っていた。お寺の説明を聞きながら 骨を拾い上げる。高齢のわりにとっても骨が硬く、しっかりしていると言っていた。

後ろからなにやら動く気配。お寺でかわれている猫が 焼き場に入ってきた。目があう。座り込んだ猫に お寺の方が、めずらしいと言う。この猫ちゃん、焼き場に入ってくる事はめったにないらしい。どうしたんだろう?とお寺の人。

きっとニヤ様に魅かれて入ってきたのかな。

私は、火葬したその日に納骨しなければならないと思っていた。

完璧に茅ヶ崎の部屋からいなくなってしまう。明日からこの部屋に一人でいる事ができるだろうか?不安で一杯になり、そんな自分もまったく想像できない。

お寺の説明で、四十九日まで骨壺と一緒に帰ってもいいですよと言われ ものすごく嬉しくなる。骨になっても離れたくないのだ。

一緒に部屋に帰る事に決め、その後も納骨せずにずっと自宅で一緒でもいいんですよとお寺の方が付け加えてくれた。

無理な選択をしなくていいという開放感からなのか、肩の力だぬける。

帰りの車の中では、幸せだった。だってニヤは骨壺に入り、私の膝の上にいる。

これからもずっと一緒なのです。ずっと。

妖精。

お義母さま、Eri, Yukko, Haruka♡

お〜〜〜きなお花をありがとうございます。

Niyaは花に囲まれて妖精のようです。

Purple.

Mika、献花ありがとう。

niya + white + Purple, today.

いろいろ話す事もたまっていたようで、ついつい話し込んで引き止めてしまったけど、元気そうでした。

新婚さんだしね。(お互い?)

寒川産のデンファレと、また別にお花!!

あまりにもたくさんのデンファレ、ニヤ様に献花したら埋もれちゃう!!ということで、明日の棺桶に献花するお花に使わせていただきます。

棺桶用のお花を用意するつもりだったんだけど、部屋から一歩も出れない、出たくないし、出たら泣いちゃうし、一秒でもニヤのそばにいたいしと、花屋にいくのをためらっていたから、本当にありがたい。

実は、ミカのためにブラウニーを焼いたけど、焼く前に来て帰っていってしまった。まあ、お忙しい方ですからね。

 

EWALU.

ewalu.Hazukiちゃん、お花をありがとう。

本当に花を操るのが上手な彼女。花の香りで癒されてというメッセージ。

そのメッセージとおりに 素敵な香りがふわ〜〜〜と脳に浸透する。どの花が香るのかしら?

一つ一つに鼻を近づけてみる、一つ一つがそれぞれの香りを漂わせていて、本当に植物って不思議。

花の香りをありがとう。

前へ 過去の投稿